金買取金プラチナ買取苦情は増加中

金プラチナをはじめとする買取ではトラブルや苦情は日常的にあると言われています。
その多くが買取が成立した後に「やはり買取価格に満足できないので返品してほしい」というものなんだとか。

まず、大前提として買取価格は業者によって異なりますから、一度契約を成立した時点で(納得してサインした時点で)品物は買取業者のものとなります。
信じられないぐらいの低価格をつきつけられても、他業者のほうが高い見積もりだったとしても、サインをしてしまっていてはアクションを起こせません。

ただし、このようなトラブルを解決してくれる制度が、”クーリングオフ”です。
名称を耳にしたことがある方も多いと思うのですが、買取業者の場合は「特定商取引に関する法律」という、消費者法に記載されている消費者を守るための法律になっています。
内容は、書面受領日(契約成立日)から起算して8日間以内であればいかなる理由があっても返品してもらえるというもの。
ですので、「やっぱり返品してほしい」という願いをかなえることができます。 こ

こで注意したいのが、”必ずしもクーリングオフを実施している買取業者ばかりではない”という点。
特に悪徳業者の場合は買取後すぐに別の業者に転売してしまい、もう手元に品物が残っていないということがあるようです。

当サイトでご紹介しているランキング第一位の”買取プレミアム.com”はクーリングオフがありますので、安心して利用することができますよ。

↑ PAGE TOP