金買取指輪は、以外と安い?

金の買取で指輪を買取してほしいと考えているみなさんへ。
ぜひ目をとおしていただきたいコラムを掲載しています。

まず、金には純度があるということをご存知の方は多いでしょう。
よく目にする24K、18Kなどを筆頭に、全5種類あります(他に22K、14K、10K)。

24Kは全体の99.99%が純粋な金であるので、混合物はごくわずかしか含まれていません。
腐敗することはありませんし、また変色もありません。
永久的に輝き続けるということで稀少な金となっています。
そのため、金の買取市場でも24Kは高額買取になることがほぼ確約されてるのだそう。
査定時にも24Kと表示されているのが確認できれば話も早いです。

一方でそれ以外の純度の物は安くなる傾向にあるそう。
やはり24Kは絶対的王者ですから、太刀打ちするのは難しいみたいですね。

また、宝石もダイヤモンドであれば高額で買取ってもらえますがカラーストーン(ルビー、サファイアなど)はほとんど値段が付けられないのだとか。
さらに石が大きいものも安い査定額になることが多いと言われています。

宝石が大きい指輪だから高く買い取ってもらえるだろうと思っていたら案外そうではなかったという声をよく耳にすることがありますね。

↑ PAGE TOP